新しい家族のカタチ
「研究者のカゾク」の応援

さらに、少子高齢化や人口の減少にしたがって、戦後の日本が象徴的に描いていた家族モデルと、個人が求める生き方にズレが出てきている現代。女性参画、働き方改革や副業・兼業の推進等家族を支援する社会構造の変化はまだまだ十分ではありません。

家族モデルが多様化し、新しいカタチの家族、すなわち「カゾク」が望まれる将来においては、研究者を支える全てのステークホルダーも含めて「研究者のカゾク」と言えるでしょう。


さらに、家族全体でプロジェクトを推進したり、家族とともに仕事を展開していく社会的潮流にも貢献することを目的としています。

あなたも
「研究者のカゾク」
​一員になりませんか?

NPO法人ケイロン・イニシアチブは、2030年に向けて世界が取り組む持続可能な開発目標 (SDGs) の達成に向けて、将来的にサイエンス (SDG3,9)・家族支援 (SDG4,5)・市民参画 (SDG8,17) 等に関する様々な事業を国内外にわたって展開することで、広く日本を含めた国際社会に貢献していきます。
 

ビジョンを共有する新しい仲間、次世代を担う学生の方を募集しています。
 

また、当法人の目的に賛同し、活動を支援してくださる個人・団体・企業の皆さまの参加・協賛・寄付をお待ちしております。