Cheiron-GIFTS
​(研究者家族留学支援イニシアチブ)

Cheiron Grant Initiative for Families
​enabling Tomorrow's Science

フェローシップ、研究費では賄い切れない家族のライフをサポートするため、研究者の家族自身が応募できる助成金制度を立ち上げます。

将来的には、研究者をサポートする財団等と連携し、研究者と家族の両者をしっかりとサポートする体制を目指します。

​概要

日本国外の大学や研究機関に所属 or 所属しようとしている研究者に帯同する家族を対象とした助成金です。

基礎科学や先端技術、思想・芸術の分野で、世界で活躍し日本を主導することを目指す研究者を家族とともに支援します。

2021年

4月1日(木)〜4月30日(金)

2〜8家族に対して

10万円〜最大40万円程度

Cheiron-GIFTS2021の応募は

こちらから

 
 

支援の対象となる家族の例

2021年の支援テーマは、次の①と②のどちらかをご選択ください。

 ①「研究者の家族の海外でのキャリアパス問題」

 ②「研究者の家族の科学・技術・芸術に関する教育」

以下のような家族を財政的に支援します。

夫:がん研究者

:看護師、休職中

留学先での出産を控える

免疫学者(女性)

母、息子(2歳)と3人暮らし

シングルマザーで海外に挑戦

夫:化学研究者 :教員

子ども:娘(10歳)、息子(6歳)

留学先で子どもの受験に挑む

 

​選考方法

当法人の外部顧問及びメンバーを含む選考委員会において、応募フォームの書面審査等により行います。

以下の内容を選考の際に勘案します。

1. 翌年の報告会にてCheiron-GIFTSによる一定の成果を報告できる提案となっていること


2. Cheiron-GIFTSで着手できる現実的なタイムラインとなっていること


3. 留学中の家族のあり方についての、申請者家族としての理想を提示していること
 

また、世界で活躍する研究者とその家族を支援するという当法人の趣旨に則り、研究者自身が個人又はグループで、公的機関及び他の財団から研究留学等に関する助成を受けている又は受けることが決まっている場合、優先的に選考いたします。