top of page

イギリスでの子供の予防接種

更新日:2021年2月1日

①情報提供:MIさん

②情報時期:2012-2014、2018-2020

③留学先 :イギリス・ロンドン

④家族構成:共働きで同居

⑤課題分類:予防接種・子供の医療

⑥解決策 :子供のGP登録、eRedbookサイトでの情報確認、店頭相談を行っている薬局店舗の検索

⑦リンク :特になし

⑧エピソード:

2回のロンドン留学に子供2人を帯同していました。イギリスでは子供のNHS*1予防接種は無料で、GP*2で行われます。渡英後、早期に家族全員のGP登録を済ませることが大切だと思います。GPは引っ越し先のエリアでいくつかあると思うので、ご自身で選び、必要書類を事前確認した上で登録に行きます。


登録後の初回診察時には、日本の母子手帳を持参し、子供の予防接種歴を照合する必要があります。足りない予防接種があれば、別途予防接種の予約が必要です。イギリスでの母子手帳はオンラインで使用できます(eRedbook)。子供のGP登録を行えば、該当時期にテキストで検診や予防接種のお知らせが自動で届くので、非常に便利でした。毎年のインフルエンザ予防接種(鼻スプレー)は、就学児は学校で行ってくれますが、未就学児は自身でGP予約が必要です。不明点があれば、担当看護師と担当保健所に電話で問い合わせもできますので、特に困ることはなかったです。


急な発熱や皮膚症状など診察を要する場合は、GPへ電話で問い合わせ、当日空きがあれば診てくれますが、待ち時間は1日以上が多かったです。私達は、Bootsなど店頭健康相談を行っている薬局店舗へ行き、必要あれば予約不要の病院A&E軽症者外来を受診していました。どの薬局でも親切に診察しアドバイスをもらえたので、非常に助かりました。


*1 National Health Service, イギリスの国民保健制度

*2 General Practitioner, NHS制度において患者の初期診察, 治療にあたる一般開業医




閲覧数:1,558回0件のコメント

最新記事

すべて表示

【活用報告】Cheiron-GIFTS 2022 特別賞 

日本で発達支援を受ける2児が海外での生活に伴い、継続的支援を円滑に受けるために本助成金を活用し家族の環境を整えながら研究者のPhD取得を目指す HKさんご家族 Cheiron-GIFTS助成後、私はまず留学先大学の無給外部研究員として単身で渡英しました。そこで家族を伴った長期の研究のためにはやはりビザの取得が必要と思い、博士課程入学を目指しました。その結果無事2023年7月開始の合格をいただき、

【活用報告】Cheiron-GIFTS 2022 第5位 

私の妻は、私の留学が決まった時に乳がんと診断された。当時2歳の息子を抱えて、過酷な闘病生活が始まった。妻は私の留学を一緒に応援したいと切望し、主治医との合意の元、日本での通院を3か月に1度約束したが、COVID-19の流行により帰国が困難となり、現地での治療を受けざるを得なくなった。言葉や習慣の異なる異国の地での治療は、保険の適応もなく、困難なものであった。それにもかかわらず、妻は私が研究に打ち込

Comments


bottom of page