top of page

【活用報告】Cheiron-GIFTS 2022 第3位 

⽬標に向かって頑張っているシングルマザー(研究者本⼈)への助成。娘の⽇本語補修校 費⽤


                           宮本 三奈

今回頂いた助成は、申請時に予定していた通り、現在四歳にな る娘の⽇本語教育に主に充てさせていただきました。 ⽇本から⽇本語の教材と絵本を購⼊し、毎⽇ドリルでひらがな・ カタカナを練習してもらい、私も娘の練習にしっかり時間を充てる ようにしました。今まで⽚⼿で数える程度しか持っていなかった⽇ 本語の絵本も⼗分⼿に⼊れることができ、毎晩絵本の読み聞か せをするようにしました。助成をいただく前は⽇本語の語彙が乏し かったのですが、今では⽂章を話せるようになり、ひらがなは指をさ しながら読むことができるようになりました。これはこの助成なしでは 難しかったと思います。


また、週末の⽇本語グループや体操のグループ等娘のアクティビ ティにも活⽤させてもらいました。⾃分が娘のために使う時間も増 え、娘のためにも良かったと思っています。 助成前は娘に⾊々と不⾃由をさせていたと思うのですが、この助 成で娘が娘のルーツである⽇本に関わること(⾔語・⽂化)を沢 ⼭知ることができたと思います。


この度は助成をして頂き、本当にありがとうございました。昨年はまだまとまった博論への助成も決まっていない時 期で減っていく貯⾦と円安もあり不安で余裕がなかったのですが、この助成で娘に沢⼭の⽇本に関わる良い経験 をさせてあげられたと実感しています。⼼から感謝しています。










閲覧数:3回0件のコメント

最新記事

すべて表示

私の妻は、私の留学が決まった時に乳がんと診断された。当時2歳の息子を抱えて、過酷な闘病生活が始まった。妻は私の留学を一緒に応援したいと切望し、主治医との合意の元、日本での通院を3か月に1度約束したが、COVID-19の流行により帰国が困難となり、現地での治療を受けざるを得なくなった。言葉や習慣の異なる異国の地での治療は、保険の適応もなく、困難なものであった。それにもかかわらず、妻は私が研究に打ち込

bottom of page