• ケイロン・イニシアチブ

現地コミュニティーにコンタクト

最終更新: 2019年12月13日

①情報提供:NKさん

②情報時期:2017年頃

③留学先 :カナダ・トロント

④家族構成:既婚で配偶者は専業主婦/主夫

⑤課題分類:家族全体 - 健康・医療 or ビザ・保険等手続き or 引越・移転

⑥解決策 :トロントパーティ(トロント研究者コミュニティー)

⑦リンク :特になし


⑧エピソード:

私が研究留学で初めてトロントの地に着いたとき、すでにダウンジャケットが必要なくらい寒くなっていました。住所も無い、銀行口座も無い、知り合いも無い状態で、あるのは就労ビザのみ。家族は遅れてカナダに来る予定だったので、寒空の下、ひとりでとても心細かったことを思い出します。

こんな状態から始まった留学ですが、約1週間のあいだに無事に住所を得て、銀行口座を開設し、知り合いもたくさんできました。そして2年経った今では、完全アウェーのトロントで、あたかもホーム(日本)であるような生活を営み、研究で自分の最大限のパフォーマンスを発揮するための数々の裏技を身に着けることができました。

すべてを実現した最大のポイントは、ズバリ! “現地の日本人研究者コミュニティに連絡をとること”です。

私の場合は、偶然大学の同級生が過去にトロントに留学していたこともあり、その友人に連絡を取ることで、現役のトロント日本人研究者コミュニティに繋げてもらうことができました。それからはトントン拍子で事が進みました。

具体的には1)よい不動産屋さんを紹介してもらう→2)不動産屋さんの信用で地元大手銀行の予約がとれる→3)銀行口座開設→4)地元大手銀行の銀行口座の信用でコンドミニアムの契約、という流れでした。

ですので留学先が決まったら、まずは過去も含めてその地域に留学していた知り合いがいないか、現地にある研究室のホームページに日本人研究者の連絡先が載っていないかをまずはリサーチして下さい。留学の成功は、必ずそこから始まるはずです!





#研究者の家族 #課題解決 #カナダ #引っ越し #手続き #Cheironjp