top of page

Cheiron-GIFTS 2021 第3位

更新日:1月3日

申請者は語学学校での勤務経験を有し、留学先であるイギリスでも日本語補習校の講師として勤務するにあたり、子どものケアサポートを受けることで、研究所の生産性維持と就労経

験の獲得というキャリア形成につなげることを目指す

YIさん、KIさんご家族


私は夫がイギリスのケンブリッジ大学で博士課程をスタートしたことに伴い、1歳の娘と共に昨年12月に渡英しました。現地での就職を考えていますが、海外で働いた経験がないことや、子供がまだ小さく、託児所を利用する必要があることが障壁となり、未だ仕事に応募できていません。様々な条件を検討した結果、週に1日だけやっている日本語補習校の講師としての勤務が、現在の環境にフィットしていると感じており、その職に応募をしたいと思っています。しかし、そのためには土曜に子供を見てもらう必要があるのですが、夫はコロナの影響で研究室にアクセスできる時間が制限されており、子供を1日見ていてもらうということは研究の生産性に影響を与えます。そこで、本助成を活用することで、毎週1回娘を託児所に預けて夫婦が揃って仕事に出られるようになり、「研究の生産性維持」と「就労経験の獲得」の両立に大変役立つと考えています。私は「家族3人が、家庭以外のそれぞれのコミュニティに所属し、そこで得られる経験を今後の糧にする」というのが留学中の家族の理想的なあり方だと信じています。

この度は栄誉ある助成金に採択いただきありがとうございます。この申請を通して、家族の数年後の未来について深く考えることができました。近い境遇の方の励みになれるよう、家族一同努力いたします。








閲覧数:700回0件のコメント

最新記事

すべて表示

【活用報告】Cheiron-GIFTS 2022 特別賞 

日本で発達支援を受ける2児が海外での生活に伴い、継続的支援を円滑に受けるために本助成金を活用し家族の環境を整えながら研究者のPhD取得を目指す HKさんご家族 Cheiron-GIFTS助成後、私はまず留学先大学の無給外部研究員として単身で渡英しました。そこで家族を伴った長期の研究のためにはやはりビザの取得が必要と思い、博士課程入学を目指しました。その結果無事2023年7月開始の合格をいただき、

【活用報告】Cheiron-GIFTS 2022 第5位 

私の妻は、私の留学が決まった時に乳がんと診断された。当時2歳の息子を抱えて、過酷な闘病生活が始まった。妻は私の留学を一緒に応援したいと切望し、主治医との合意の元、日本での通院を3か月に1度約束したが、COVID-19の流行により帰国が困難となり、現地での治療を受けざるを得なくなった。言葉や習慣の異なる異国の地での治療は、保険の適応もなく、困難なものであった。それにもかかわらず、妻は私が研究に打ち込

Kommentare


bottom of page